1. TOP
  2. ナイスグループの事業
  3. 住宅事業

住宅事業

人と地球の未来を育む耐震・健康・省エネの家づくり

エネルギー消費を抑えたエコで賢く、快適なスマート住宅と、温熱・空気・睡眠・耐震・耐久など、安全で安心なウェルネス住宅の2つを兼ね備えた、「人と環境にやさしい家」スマートウェルネス住宅を推進しています。

Super High Quality & Good Price最高等級品質の一戸建住宅「パワーホーム」

「子育て世代のご家族に、品質の高い一戸建住宅を安心してご購入いただきたい。」その想いから企画化された設計デザインと高品質・グッドプライスを実現しています。

地震に強く、家族の健康と環境を守る安心の住まい

「住まいは命を守るもの」をコンセプトに、高い耐震性を確保することで地震から家族を守り、高い断熱性を実現することで家族の健康を守り、優れた省エネ性で環境負荷を低減する新しい住まいのかたち、スマートウェルネス住宅「パワーホーム」をご提供しています。

「パワービルド工法」で国内最高ランクの耐震強度

高耐震・高耐久・高精度を実現する自社開発のオリジナル金物工法「パワービルド工法」を標準採用し、国内最高となる耐震等級3を確保しています。接合部には優れた耐食性とデザイン性を両立した専用金物「メタット」を使用し、ボルトを使わないため経年によるゆるみが生じない接合方法です。

断熱性能の高い住まいで夏も冬も快適に

優れた断熱窓や断熱材を使用することで快適な室内環境を維持し、省エネで環境に優しく、高い断熱性で健康にも優しい住まいを実現します。

パワーホーム基準の安心品質

4つの最高基準をクリアした長期優良住宅を超える性能

住宅性能評価の耐震等級「3」、断熱等性能等級が「4」、劣化対策等級「3」、維持管理対策等級「3」と最高ランクの基準を満たし、地震に強く、夏涼しく冬は暖かい、メンテナンスもしやすい丈夫で長持ちな長期優良住宅の認定基準を超える基本性能を備えています。

  • 自社開発「パワービルド工法」
  • 高い断熱性能の断熱材使用

地域の暮らしに寄り添った最高等級品質住宅を全国で供給

「パワーホーム」と、パワーホームをベースに開発した災害時の復興応援型住宅「フェニーチェホーム」は全国規模で供給が広がっております。

未来の子供たちに想いを寄せて人と地球に優しい家づくりに取り組んでいます

次の世代に豊かで快適な未来を届けるため、省エネルギーの家づくりを進めています。

長期優良住宅の認定を全棟で取得

高い品質を徹底的に追求して開発したパワーホームは、当初より長期優良住宅の認定取得を原則としています。
※認定基準のうち「住戸面積」要件により居住面積75㎡未満の住宅及び1フロア40㎡未満の住宅は除く。

「ノブレスガーデン山手」

エネルギー収支ゼロの街「ゼロ・エネルギータウン」開発

消費エネルギーと創エネルギーの差し引きがゼロとなるゼロ・エネルギー住宅を分譲区画全19棟で採用した「ゼロ・エネルギータウン」を開発しました。

「ゼロ・エネルギータウン」(全19棟)

自然と地域、産業とのつながりを尊重した暮らしを提案

愛知県豊田市の低炭素社会モデル地区「とよたエコフルタウン」に建築したモデルハウスでは、地域材「矢作川流域材」や太陽の光など自然の恵みを最大限に生かした暮らしを提案しています。

「とよたエコフルタウン」 モデルハウス

東日本初となる「LCCM住宅」の最高ランクを取得

太陽光発電等で電力を創出することで、建築・居住から解体・廃棄に至るまでに排出するCO2の収支をライフサイクル全体でマイナスとする「LCCM住宅」の最高ランクを東日本で初めて取得しました。

環境性能の高い木造住宅の普及活動

  • 2003年
    ・設計住宅性能評価を全棟に採用。建設住宅性能評価にも対応。
  • 2009年
    「超長期住宅先導的モデル事業」に採択。
  • ・長期優良住宅を全棟に採用。
  • 「横浜市脱温暖化モデル住宅推進事業」最優秀提案者。
  • 2011年
    ・日本で初めて分譲区画全8棟で建築物の環境性能を総合的に評価するシステムで最高のSランクを取得した、「CASBEE Sランクタウン」を建設(横浜市)。
  • 2012年
    ・住宅のライフサイクル全体を通じたCO2の収支がマイナスとなるLCCM住宅を供給。
  • 2013年
    ・横浜市で供給する2階建てのパワーホームについて、横浜市独自の環境性能評価「CASBEE 横浜 戸建」の、Aランク以上での届け出を標準とすることを決定。
  • ・CO2 の排出を抑制する低炭素住宅の認定を横浜市及び大田区でそれぞれ第1号として取得。
  • 2014年
    ・分譲区画全19棟で創エネルギーと消費エネルギーの差し引きがゼロになるゼロ・エネルギー住宅を分譲した「ゼロ・エネルギータウン」を開発。
  • 2016年
    ・建設住宅性能評価を全棟に採用。
  • ・断熱先進国のドイツやイギリスに匹敵する高い外皮性能水準、「HEAT20」最高のG2グレードの住宅を供給。

地震に強い免震構造を標準採用暮らしと財産を守るナイスの免震マンション

住まう方の明日を、5年後を、その先をずっと守り続けていくために、供給するすべてのマンションを免震構造とし、安全で安心できる住まいをご提供します。

首都圏最大規模の免震マンション「ヨコハマオールパークス」(総戸数1,424戸)

免震マンションブランド「ノブレス」シリーズ

1997年に第1棟目の免震マンションを供給いたしました。以降、「住まいは命を守るもの」をコンセプトに地震に強い構造を追求してまいりました。2015年からはすべてのマンションで免震構造を標準仕様とし、マンションブランド「ノブレス」シリーズとして安全・安心な住まいをご提供しております。

ノブレスとは、高貴なるものにはそれに相応しい重い責任と義務があることを表す「ノブレス・オブリージュ」というフランス語の道徳観念から由来しています。

揺れを軽減する免震構造を標準採用

ナイスグループは、日本最大の建築設計事務所である日建グループの株式会社日建設計、株式会社日建ハウジングシステムと共同で、中層集合住宅の設計に適用する合理的な免震構法を検討、基本構造から見直し、従来よりも合理的な免震構造である「N2ノブレス免震構法」を開発しました。

重厚感ある外観など独自のデザインを開発

マンションの外観や共用部には、温もりを伝えるアースカラーのタイルを用いて重厚感を演出する「レイヤードブラウン様式」を標準採用。自然との調和を大切にして、茶系のタイルを基調とした層の重なりによって重厚感を演出し、ホテルのような車寄せや木質系内装材のエントランスが、上品で洗練されたデザインになっております。

建築現場の検査・情報公開

建築現場の検査・情報公開ナイス独自の品質管理システム「プリズム」

ナイスグループのマンションでは、法による検査義務のないフロアについても、第三者機関による厳しい検査を実施する「全フロア躯体検査システム」を導入しています。また、建築現場にカメラを設置して24時間ライブ中継をする「ナイスビューシステム」、検査合格証や監査報告書、建築現場の進捗写真をいつでもご購入者様にご覧いただける「ナイスロイヤルカスタマーWEB SITEシステム」を取り入れ、積極的な情報公開を行っております。

検査義務のない部分にまで、第三者機関に依頼し、厳しい検査を実施します。

建築工事現場にカメラを設置して工事状況を24時間ライブ中継します。