1. TOP
  2. ナイスグループの想い
  3. 震災復興に向けて

震災復興に向けて

木材新世紀

応急仮設住宅建設を通じ、東北地方のいち早い復興を応援

FENICE=イタリア語でフェニックスを旗印に東北地方の応急仮設住宅建設に携わりました。
応急仮設住宅建設に当たって未だ強い余震が発生する恐れもあることから、ナイスグループの「パワービルド工法」を採用し、被災者に安全・安心な応急仮設住宅を提供してきました。パワービルド工法は、接合金物「メタット」による合理化工法で工期が短く、阪神・淡路大震災の際にも500戸の応急仮設住宅に採用された実績があります。
ナイスグループは、宮城県や福島県などのほかの被災地における販売店様・工務店様とも共同し、パワービルド工法を中心とした応急仮設住宅の供給に積極的に取り組んできました。

すまい元気フェアを開催

ナイスグループは、東日本大震災で被災された皆様が少しでも早く安全に安心して暮らせることを願い、2011年11月23日・24日に住宅復興に向けたあらゆる情報を発信するイベント「すまい元気フェアin東北」を仙台卸商センター産業見本市会館サンフェスタで開催しました。

この「すまい元気フェア」は、東京をはじめ名古屋、京都、福岡などいまや195万人を超えるお客様にお越しいただいている「住まいの耐震博覧会」をベースに、より被災地の皆様の支援をしたいという思いをのせて工夫を施したもの。
住宅の耐震構造の仕組みや地震に強い住まいづくりの情報を発信するほか、行政担当者や専門家らが住宅再建に向けたあらゆるご相談に応じるなど、安全・安心な住まいの復興に向けたお役立ちに努めてきました。

もっと被災者の皆様のお役に立てることはないか。これからもナイスグループは「すまいの元気フェア」(住まいの耐震博覧会)を通し被災地の復興を応援します。

チャリティーコンサート

ナイスグループでは、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)や平成28年熊本地震からの復興支援を目的として、ゲストにベルリン・フィルハーモニー管弦楽団やウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ドレースデン国立歌劇場管弦楽団などの著名な奏者を招き、これまで34回(2017年12月末現在)のチャリティーコンサートを開催しています。

南三陸町「さんさん商店街」の移転新築工事を建設

宮城県南三陸町において東北復興のシンボルとして多くの地元住民や観光客でにぎわう仮設商店街「さんさん商店街」の移転計画である「南三陸町志津川地区観光交流拠点新築工事」の施工を請け負いました。
南三陸さんさん商店街は、宮城県南三陸町の志津川地区で復興をになう地元事業者32店が軒を連ねる仮設商店街です。

平成28年熊本地震における支援物資供給

ナイス株式会社は2016年8月25日、「平成28年熊本地震」に際し被災された方へ飲食料品や建築資材を提供したことに対し、農林水産大臣より感謝状を拝受いたしました。
ナイスグループでは「お客様の素適な住まいづくりを心を込めて応援する」という企業理念の下、今後も引き続き、平成28年熊本地震及び東日本大震災の被災地における復旧・復興支援に取り組んでまいります。